gourmetグルメ

厚木の名産をプレス!超ド級せんべい「厚木プレスSENBEI」

2018/01/08
グルメ
人 ひと

な!

この私でもビックリ!!
心も体もビックサイズ、nomaライターのまなてぃーです◎
各メディアでも取り上げられ話題の「厚木プレスSENBEI」に行ってきましたよ!!
既にお店をご存知の方も多いと思いますが…
今回、私と同郷の厚木プレスマネージャーまゆ子さんに色々お話を伺ってきました!
そして、オリジナルせんべいも作ってもらいましたよー!

厚木の名産をプレス!

まずは、厚木の名産であるシロコロホルモンをプレスせんべいにしていただきましたよ〜!

具増量バージョンを注文しちゃいました!笑

プレス
プレス!
プレス!!

このプレス機をオープンする瞬間がとてつもなくワクワクしますね◎

ジャジャーン!
めっちゃキレイな円形!
周りのおせんべいはさっぱりな味わいですが、具の部分がしっかりと味がついていてバランスがよいです!
やみつき!とはまさに!と言った感じですよ♪
1枚、ぺろりと食べれちゃうんですよね〜!

オリジナルプレスせんべいもオーダー可能!

そして、オリジナルせんべいも作れるのが厚木プレスの魅力です◎
お客様の持ち込みで「世界に1つだけのせんべい」が作れちゃうんです!

私が、オーダーしたのは…!
バターチキンカレーととろけるチーズ!
絶対に美味しい気しかしない!←

バターチキンカレーを塗って〜!わくわく!

チーズを並べて〜!わくわくわく!
プレス!!

ジャーン!!

香ばしくって、カレーの風味がクセになる1枚に仕上がりました!!
これ、本当にとまらないやめられないプレスせんべい!って感じで!笑
こちらも、ぺろりと食べれちゃいました◎

同郷という事実に大盛り上がり!マネージャーまゆ子さん

今回、マネージャーのまゆ子さんにお話を伺ってきましたよ〜♡

 

まなてぃー:ご出身は元々、厚木なんですか?

 

まゆ子さん:元々は厚木じゃないんですよ!横浜の方で!

 

まなてぃー:え!一緒です!笑 (こっから地元トークに花が咲き…笑)

 

 

まなてぃー:この厚木プレスSENBEIをはじめたきっかけってありますか?

 

まゆ子さん:ノリです!笑
厚木って食べ歩きできるお店って無いなぁ〜っと思って。なんか、食べ歩きが盛んな街って活気があるきがして。
あと、厚木の名産って手軽に食べれるものが無いなぁ〜って。シロコロホルモンやとん漬けはお肉屋さんで買って焼かないといけないし、鮎も気軽には食べれないじゃないですか。もっと手軽に厚木の名産を食べて欲しいなという思いではじめました!

 

まなてぃー:確かに考えてみれば、厚木の名産って手軽に食べられるもの無いですね…!
ただ、このプレスっていう発想はなかなか思いつかないですよね!

 

まゆ子さん:ノリです!笑
ノリと勢いは大事です!笑
実は、先にこのプレス機に出会ったんですよ。この何でもプレスしちゃうプレス機でおせんべいを作ったら面白んじゃないかって。
最初はプレス機に合わせて四角い形の予定だったんですけど。女性って丸い形好きじゃないですか?私がどうしても丸い形にしたくって今の形になったんですよ!

 

 

まなてぃー:大きさや形以外にこだわりってありますか?

 

まゆ子さん:当たり前なんですけど、作り方は誰も教えてくれないのでこの味にたどり着くのは大変でした。
1g単位でも味が変わっちゃうし、自分たちだけだと何度も試食してるから分からなくなってきちゃって。
ありがたいことに飲食店をやっている友達みんなに試食してもらって試行錯誤して今の厚木プレスSENBEIがあります。
みんなのお陰なんですよ。あと…こだわり…なんだろう。

 

オーナータクちゃん:フリーダム!笑
定番のメニューはもちろんだけど、お客さんが自由に色々持ち込みしてくれて無限で出来る所!

 

まなてぃー:フリーダム!笑
確かに!そして、タクちゃんも登場!笑
タクちゃんはお写真は恥ずかしいとのことで、似顔絵を描かせていただきました!

まなてぃー:今後、どんなお店にしていきたいですか?

 

まゆ子さん:みんなが集う起点となる場所になればいいなぁっと。
ココを1件目ならぬ0件目にしてもらって、事前に約束していなくても厚木プレスに行けば誰かに会える。
それで、集まったみんなで厚木の街に遊びに行って欲しくて。だから、お店のチラシを貼っているんですよ!そんな起点となるお店にしていきたいですね!

 

まなてぃー:お忙しい中、ありがとうございました!

 

最後に◎

最後に、まゆ子さんに厚木の魅力を伺いましたよ!

たくさんあるけど….
人がとにかくあったかい!ということで、Human Power!

また、お店もオーナータクちゃんの手作りなんだそうです!
自分で図面書いて作ったんだそうですよ!
そして、遊び心満載のお店に足を運んだだけでもウキウキしちゃいます!
小さい時に駄菓子屋さんに行く時のわくわくドキドキに似ている感覚です。

最後に見つけた、こちら!
厚木プレスの人のあたたかさが感じられます!

今回お話を伺って、どうして厚木プレスに人が集まるのか人気なのかが分かった気がします。
まさに!Human Power!
とにかく、オーナーのタクちゃん、まゆ子さんの人柄が「また来たくなる」を作っているんじゃないかなって思いました。
厚木プレスSENBEIを食べたいっていうのはもちろん、2人にまた会いたい、お店のお客さんにまた会いたいって思わせてくれる集いの場なんだなぁと感じました。
次は、トン漬けプレスせんべいとオリジナルせんべいは何にしようかな…!笑
みなさんも一度足を運んでみてくださいね◎

「厚木プレスSENBEI」
住所:厚木市中町2丁目8-1会田興業ビル地下1階
営業時間:12:00~22:00
定休日:火曜日
電話:046-259-8585
厚木プレスSENBEI公式HP

noma ライター

まなてぃー

相鉄沿線在住 相鉄線でゆらゆら通勤しています。 好奇心旺盛なぽっちゃり女子です。笑

まなてぃー

シェアやツィートしてくれたらライターが喜びます。

pagetop