spot人気スポット・開発

「つつじが元気に咲きました!2017」@あつぎつつじの丘公園

2017/05/12
人気スポット・開発
住まい・暮らし

2017年も開催された、みどり公社主催の「つつじが元気に咲きました!」
お祭り好きの厚木のイベントとしては、まだ歴史が浅いイベントにもかかわらず、たくさんの人が訪れました。
今回は、5月3日・4日という日程で、つつじを愛でながら、ちょっとしたお祭りを楽しむことができましたよ。

約5万2000本のつつじがお出迎え

「あつぎつつじの丘公園」の入り口から、もうすでにきれいなつつじが見えています。
この公園のつつじは、市民の手によって守られているそうで、このイベント以外でも公園の開場時間中であれば見ることができます。イベント当日も、犬の散歩をしている人や、お子さんを連れている人など、憩いの場所としても利用されていました。

つつじの間を通って進む道もあります。写真は、5月4日に撮影したものですが、まだつぼみが多く満開となるのはこれから先のようで、つつじはまだまだ楽しめそうです。

およそ5万2000本のつつじがいたるところに咲いています。
オオムラサキやヒラドツツジなど、いろいろな種類が楽しめました。
ちなみに、つつじの種類を知らなくても名札があるので勉強になります。

つつじまつりは大盛況


イベントの会場は、たくさんの人でにぎわっていました。
枚数限定で数種類の中から先着で2枚もらえるポストカードは、この公園で撮影されたきれいなつつじの写真が使われています。
さらに、会場内でアンケートに答えると、5種類の中から2種類の花の種をもらえました。

お子さんたちに人気があったのは、動物とふれあえるコーナーです。
ポニーにのったり、羊にエサをあげたりすることができました。
今回は特別に花火の打ち上げも、5月3日の夜に行われて、盛り上がったようです。

◯コロッケ


これは何に見えるでしょうか?
実は、いのししの形をしたコロッケでした。
このコロッケ形だけではなく、猪肉を使って猪の油も使って揚げているという「猪コロッケ」(200円)なんです。
味は少しクセがあるので、好き嫌いが分かれるとは思いますが、揚げたてサクサクでじゃがいもはしっとりホクホクでおいしくいただきました。
他にも屋台があったり、無料のあたたかいお茶のサービスや、500円の整体、ちょっとしたフリーマーケットのスペースも。
ステージショーや、みどり公社の紹介テントがあったりと、イベント会場はちょっとした立ち寄りスポットです。

公園内を回ってみよう


イベント中はスタンプラリーが行われていました。
3つのポイントを回ると、ウェットティッシュか、好きな形の消しゴムがもらえます。
地図を見ながらポイントを回っていくと公園内を一周するので、きれいに咲くつつじを余すところなく見ることができるという仕組みだったというわけです。

小高いところにある展望デッキから貯水池を見下ろすと絶景が広がっていました。

つつじを見に行くときは万全の態勢で


いたるところでヤマビルの注意喚起を促す看板がありました。
生地の厚い長袖・長ズボンを着用したり、消毒しておくなど、行かれる際にはしっかりと対策をしたほうが良いでしょう。他にも野生動物の出没に注意するよう促す看板や、人のマナーに対する指摘をした看板もありました。

来年もつつじが元気に咲きますように

写真撮影の腕を上げるには、きれいなつつじというのは絶好の被写体のようで、写真愛好家の方々もたくさん訪れていました。
公園近くの臨時駐車場から無料のシャトルバスも頻繁に運行していたので、訪れやすかったです。せっかくきれいなつつじを見に行くのですから、マナーを守って清い心で訪れましょう。

所在地:神奈川県厚木市森の里青山19ほか
交通アクセス:【車】東名「厚木IC」から約30分
圏央道「海老名IC」から約40分
【公共交通(バス・徒歩)】
厚木バスセンター(9)から森の里行きバス、「森の里5丁目」下車徒歩1分
駐車場あり

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

厚木や海老名に関するnomaの
最新情報をお届けしています。

nomaのinstagram
  • Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

noma ライター

だんご

海老名市に生まれて、厚木市で育って何十年。 他の土地は知らない、根っからの県央部の市民です。 相撲観戦が好きなのは、昔から。

だんご

シェアやツィートしてくれたらライターが喜びます。

Copyright 2016 - 海老名と厚木を彩る情報&WEB マガジン . All Rights Reserved.

pagetop

PC版はこちら PC版はこちら