life住まい・暮らし

海老名市公式アプリ【えびな元気なび(愛称)えびナビ】を使ってみました。

2015/09/30
住まい・暮らし

扇町のまち開きが行われ、大きな変化を迎える海老名の10月。
そんな中、海老名市公式アプリ「えびな元気なび(愛称)えびナビ」がリリースされました。

えびな元気ナビ (愛称)えびナビ

えびな元気ナビ (愛称)えびナビ
無料
posted with アプリーチ

かわいいえび〜にゃアイコンが気になるこのアプリ、
早速ダウンロードして使用してみたので、ご紹介したいと思います。
 

写真 Sep 30, 12 41 54
メインの画面はこんな感じ。
動き回る小さいえび〜にゃがかわいい!
トップ画像のえび〜にゃがまとっているのはハロウィン衣装?
ってことは月ごとにお色直しするのでしょうか。

右上のメニューアイコンにもひっそりとえび〜にゃのシルエットが・・・
ここをぽちっとするとこんなメニュー画面が出ます。
ここにも「えび〜にゃのお部屋」のコンテンツ。ぬかりなし。

写真 Sep 30, 12 43 55
 

市内のおすすめスポットの情報をゲット、目的地までのナビまでお任せ

写真 Sep 30, 13 15 33
メニューのスポットからは、
「観る」「楽しむ」「食べる」「買う」「インフォメーション」「便利」の6つにジャンル分けされた
市内のお店や施設などの情報を見ることができます。

写真 Sep 30, 12 42 21

写真 Sep 30, 12 42 24

写真 Sep 30, 12 42 37
行きたい場所を見つけたら「ナビ開始ボタン」を押すと、マップやARカメラ画面上で目的地までナビゲーションしてくれます。
 

市内散策のお供に。オススメルート

写真 Sep 30, 13 26 53
オススメルートの機能では、「歴史・文化を知る」や「自然を満喫する」などのテーマと散策時間から、
オススメの散策ルートを教えてくれます。

今まで知らなかった地元のお気に入りスポットが見つかるかも?
 

防災機能

観光だけじゃない、このアプリの大事な役割は防災アプリとしての機能
災害情報共有システムと連動して、避難勧告や指示などの災害情報を提供、
緊急地震速報を受信すると、他のアプリ使用時でも避難誘導の案内画面が表示され、
自動で最寄りの避難所へ避難誘導
してくれるとのこと。
 
 

操作もわかりやすく、スポット・オススメルート共に、さらにこれから情報が充実していけば、
海老名ライフに役立つアプリになるんじゃないかなと思います。
日本語の他に、英語、中国語、韓国語に対応しているので、外国の方も便利に利用できますね。

えびな散策を楽しみたい方、えび〜にゃ好きさんはもちろん、
防災アプリとしてももしもの時のためにインストールしておくことをオススメします!

海老名市Webサイト「海老名市公式アプリ えびな元気ナビ配信開始」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

厚木や海老名に関するnomaの
最新情報をお届けしています。

nomaのinstagram
  • Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

noma ライター

Raco

元県央地区住民、今は東京の端っこから海老名まで毎日通勤しています。 趣味はアウトドア。 お祭り、イベント、フェス大好き!キャンプ仲間募集中です。

Raco

シェアやツィートしてくれたらライターが喜びます。

Copyright 2016 - 海老名と厚木を彩る情報&WEB マガジン . All Rights Reserved.

pagetop

PC版はこちら PC版はこちら