spot人気スポット・開発

”ふらっと”立ち寄れば新たな発見。大人の空間【EBICEN flatto】

2015/10/27
ららぽーと海老名
人気スポット・開発
海老名西口再開発

本日プレス内覧会が行われ、ついにベールを脱いだららぽーと海老名。
午後にはカード入会特典の招待会も開催され、グランドオープンより一足早く多くの人で賑わっていました。

一足早くプレス内覧会に参加させていただいたnoma。今回の記事では4FのEBICEN flattoにスポットを当ててお送りしたいと思います。
 

統一感のある落ち着いた空間

4F_EBICEN-flatto_1
ミッドセンチュリー調のインテリアで統一されたEBICEN flatto内は照明も落ち着いていて、とにかくおしゃれ!大人の好奇心を刺激する空間に、思わずふらっと吸い寄せられるように中に足を踏み入れたくなってしまいます。

写真-10-27-15,-11-29-30-AM
EBICEN flatto内で家具、雑貨を取り扱うCLASH GATE+の商品が、売り場の枠を飛び越えて他の店舗でも什器として使用されていることも、空間全体の落ち着く統一感の秘密。

写真-10-27-15,-11-11-24-AM
エイチアイエス内にもCLASH GATE+の家具。

写真-10-27-15,-11-20-48-AM
P1011103
わくわくするような旅を提案してくれそうですね。

そしてそのお隣がトラベルバッグを始めとするたくさんのバッグが並ぶバッグ専門店ACE
この流れ、もうすぐにでも旅に出かけたくなっちゃいます!

P1011107
名称未設定-1

そしてEBICEN flattoの核となる店舗が「BOOK×CAFE×ZAKKA」をコンセプトとしたBOWL
雑貨や本がわくわくするような企画やディスプレイで紹介されていて、とにかく見ているだけでも時間があっという間に過ぎてしまいそう・・・

写真-10-27-15,-11-17-06-AM

bowl3

たとえばこちらは、「あらすじ百景」という企画。

写真-10-27-15,-11-36-22-AM
書名と著者名を隠した本を、裏表紙の紹介文だけを頼りに選び購入してもらおうというもの。
先入観を捨てることで、自分でも気がつかなかった新しい興味の扉を開いてくれる一冊との出会いが生まれるかもしれませんね。

BOWL
こちらは文庫本を額に入れ、装丁を楽しもうという企画。本を飾るという発想が素敵。

bowl2
本を売るだけの書店でなく、様々な角度からの本の楽しみ方まで提案してくれる売り場作りが印象的でした。

bowl4
 

BOWL×MR.Men Little Miss かわいいコラボが期間限定で開催中!

写真-10-27-15,-11-33-23-AM
写真-10-27-15,-11-14-10-AM
BOWLのカフェスペースではコラボカフェ「BOWL×MR.Men LIttle Miss」が期間限定でオープン中のため、こんなかわいいスペースになっています。

写真-10-27-15,-11-33-23-AM-(2)
写真-10-27-15,-11-33-23-AM-(1)
メニューはもちろんテーブルまで。かわいい!
 

EBICEN flatto 大人ゼミ

EBICEN flattoでは「大人ゼミ」と題して様々なイベントが開催されていきます。
この日も蒼井ブルーさんのトークショーイベント「蒼井ブルーの幸せの見つけ方」が開催されていました。

蒼井ブルー

大阪を拠点に活動するフォトグラファー。
Twitterのつぶやきが共感を呼び人気を集める。
初の書籍「僕の隣で勝手に幸せになってください」がKADOKAWA/中経出版より発売中。

EBICEN flatto中央に設営されたイベントスペースには写真とつぶやきパネルが展示されて、蒼井ブルーワールドに。

blue

blue2
普段の飾らないTweetからもにじみでている優しさとセンスに、密かに関西人らしいノリも+されたトークで、Twitterでのつぶやきに対する裏話なども聞くことができる新鮮なイベントとなりました。トークショー後にはサイン会も開催。
 

EBICEN flattoでは、グランドオープン後もたくさんのイベントが開催予定!

名称未設定-11

  • 11月18日 伊澤成典のワインセミナー
  • 11月20日 ミスユニバース×ECC 英語スピーチSHOW
  • 11月25日 メイソンジャーで作るスノードーム

その他にも、続々イベント情報が追加されています。
平日夜開催のイベントが多いのが新鮮ですね。仕事が終わった後にも気軽に参加できるのは嬉しいです!
ららぽーと海老名公式Webサイト EBICEN
 

好奇心の赴くままに全体を歩き回ると実感するのですが、店舗と店舗の境界をゆるやかにし、異なる店舗がひとつの空間に集まることで、いろんな可能性が広がったり、楽しい事が連鎖する予感にあふれた場所になっていることがとにかく印象に残りました。
新しい自分、お気に入りのもの、いろんなこととの出会いを想像させてくれるような楽しい売り場やイベントで、新しいライフスタイルを発信するEBICEN flatto
まさに”ふらっと”立ち寄りたくなる場所になること間違いなしです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

厚木や海老名に関するnomaの
最新情報をお届けしています。

nomaのinstagram
  • Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

noma ライター

Raco

元県央地区住民、今は東京の端っこから海老名まで毎日通勤しています。 趣味はアウトドア。 お祭り、イベント、フェス大好き!キャンプ仲間募集中です。

Raco

シェアやツィートしてくれたらライターが喜びます。

Copyright 2016 - 海老名と厚木を彩る情報&WEB マガジン . All Rights Reserved.

pagetop

PC版はこちら PC版はこちら