gourmetグルメ

【海老寿cafeの作り方 vol.02】ーやると言ったらやるんですー

2017/05/23
カフェ
グルメ

海老寿cafeの作り方

こんにちは。海老寿cafeみーにゃんです!

連載第2回目は、経営理念にもなっている
やると言ったらやるんです
をお話したいと思います。

…と、その前にちょっと寄り道します。
海老寿cafeを経営するまでのなれそめをまずお話させてください。

海老寿cafeは溝の口から始まった?

実は 溝の口でcafeををやらないか?とカメラ屋の奥さんからお話を頂きました。
将来的にはお店を持ちたいというのがビジョンにあったので、いい話だと思いました。
1から作っていくというわけではなく、元々息子さんがダーツbarを運営されていた場所で、
グラス・テーブル・椅子等など備品や基本的なものは揃った中でカフェに形を変えていくという事で、
比較的作っていくのは難しくないな…と、この話にワクワクしました

ですが、OPENに向けてメニューの作成・制服からテーブルクロスの選定と、
何度も足を運んで奥さんと打ち合わせを重ねていき、
行けば行くほどセンスが嚙み合わない事が分かっていくのです。
例えば奥さんは花柄のお皿を使いたいけど、私たちが提案するものは全く違うものだったり・・・

そこで最終的に奥さんの方から
やはりあなたと一緒には出来ないわ」と、お断りされてしまったのです。

掘り出し物件発見!場所は海老名市!

さて困りました。

Cafeをするにあたり仕事も辞めていましたし、
燃え滾った情熱の矛先がなくなってしまったのですから・・・
金持ちの道楽に付き合わされたと恨んでる暇はありません。

選択肢は前の職場に戻るか?また新たに職を探すか?
それともCafeが出来る場所を探すか?

どうしたいかは自分の心が一番知っています

やりたいことをやる人生でありたい、ここまで来たらやるしかないでしょ

渋谷・新宿・代官山・自由が丘 探しました。
家賃は目玉が飛び出るぐらい高く。そりゃそうですよね・・・
貯めた貯金で開業できる場所がありません。
無理して高い場所で出しても成功するかどうか分からない事だったので、
怖くて手が出せなかったというのも正直な話です。

でも、もしかしたら掘り出し物件があるかもしれない!!と信じ探し続けること数カ月。
神奈川県海老名市にある、ここ海老寿cafeを見つけました。

すぐに連絡を入れると、
既にカレー屋さんや美容室をしたいという方からの問い合わせがあると!
まずい!決まってしまう!
そのまま契約金握りしめて電車で海老名駅に向かったのを今でも覚えています。
チャンスは逃すな、です。

立候補3店舗の中から土地のオーナーが選んでくれたのは・・・
なんと(そりゃそうだ)私達でした。後から不動産の方が教えてくれたのですが、
若い子にチャンスをあげたいから」とオーナーがおっしゃってたとのこと。
ジーーーーーン ときました。
そんな大チャンスを与えてくださったからには 絶対に成功しよう!と心に誓うのです。

オーナーには契約後も「何かあったらいつでも相談に乗るよ」と、
確定申告のやり方だったり、いろいろと相談に乗ってくださいます。
私たちの海老名の父です。

ところで、、、
よく言われるのが「うなぎ屋さんの娘さんなんでしょ?
いいえ全く別のお店です。うなぎ屋さんの娘さんはまだ学生ですw
外から見ると2つの店舗がつながってるように見えるかもしれませんが、
親族的な関係性では無くお隣の店舗同士という間柄です。

やれることは自分達で! リメイク・DIYはなんのその!

我々は借り入れなしでやろう、と決めた年から3年間。
コツコツ貯めたお金で開業したものですから、
やれる事は何でも自分達でやる! というのが自然に身に付いたスタイル。

 

“海老寿cafe” 外看板!

看板制作も業者に頼むと10万はくだらないと聞くと、
ホームセンターで耐熱素材を選び、外壁用ボンドで留めて作成!

 

メニュー看板も!

メニュー看板はすのこをリメイク、日曜大工はなんのその。

 

落書きが新メニューに!

落書きしていた絵がメニューになったりもします。

 

ウッドテラスだって作っちゃう!

最近だとウッドテラスまで作っちゃいました。
ホームセンターでの木材の調達から完成まで、全てスタッフによる手作りです。

ショーケースに使われていたガラスは、ウッドテラスの窓になりました〜!

やりたいことは「いつかやりたいな〜」では実現しない

海老寿cafeのスタッフはみんな
一人一冊「将来設計ノート」を持っています。

やりたい事はそのノートにまとめていき、
出来たら線を敷いて消す。

ただそれだけの事だけど、
その人のやろうとしていることをみんなで共有し、
効率もメキメキ上がる。

やろうと思ったことは、
「やりたいな~」ではなく、
やるためにどうするかを考えていく

結局は実現します。

独立だって
「いつかやれたらいいな~」ではなく
「やる事」の一つとして
予定の一つだったので形になりました。

全くお金も経験もない数年前の時点では、何言ってんだか、と人からは笑われたものですが、
本人にとってそれが人生ののスケジュールに入っていれば、来る時が来ればそれは実現します

こんなふうに「やる」と言ったことは「いつかやりたいな」ではなく
“将来やること”の一つとして人生設計の中に組み込まれ、形になっていく。
これを繰り返して、なんとなくではなく自分が決めた道として歩んできた私たちは
不思議なほど今後の「やる」ことを実現させる自信があります(笑)
自分の言った事が信じられるのは、積み重ねから来ているのでしょうね。

大きい“夢”ではなく 大きい“予定”を語ってほしい

そんなこんなでうちのスタッフから「やる」と提案されたことは「やります」
恐ろしいですね、みんな軽々しくは言えません。
でも一人じゃなくてみんなでやるから出来ることもある。
ぜひスタッフには大きい“夢”ではなく大きい“予定”を語ってほしいです。
みーにゃんウーティンなんか今、
みんなが聞いたらぶったまげるほどの大きい予定を持っているので・・・将来が楽しみです。

だから「やると言ったらやるんです」!!

「有言実行」 なんてかっこいい言葉は似合わない。
泥臭くても意地でもなんでも「やってやれ」という意味でうちの経営理念は出来上がりました。
完全にガテン系、体育会系、根性なしじゃうちでは働けません(笑)

やると言ったらやるんです

スタッフの数だけ海老寿cafeは変わります
変化し続ける海老寿cafeから目が離せない!?
今後の動きに要注目です!

 

海老寿cafe連載一覧はコチラ▽▽

海老寿cafe連載 | noma

場所:海老名市中央2-10-27
昼カフェ営業 : 火曜・水曜・木曜・金曜 11:30 〜 14:30(L.O)
夜カフェ営業 : 年中無休 予約制 16:00 〜
海老寿cafe
海老寿cafe / Facebookページ
地元に根付き進化し続けるカフェ【 海老寿cafe 】 / noma記事

 

nomaで連載コラムを配信したい方募集中!

厚木または海老名に拠点がある店長・ショップオーナー様、専門家の皆様。
日頃の知識や情報をnomaの連載コラムを通してたくさんの方へ広めてみませんか?

  • 「農業についてもっと語りたい」
  • 「食についてもっと伝えたい」
  • 「ママの子育てのお悩みを解決したい」
  • 「マニアックな活動をもっと知ってほしい」
  • 「手軽にDIYを共有したい」
  • 「カメラについてもっと広めたい」
  • 「自宅でできるストレッチ方法」
  • 面白い めざすらしいスキルをもっている

などなど、

日々生活する中でちょっとした豆知識や情報を知りたい人がたくさんいます。
nomaの連載コラムについてご興味ある方はぜひお問い合わせください♪

 

タグ:

noma ライター

海老寿cafe みーにゃん

海老寿cafe みーにゃん

シェアやツィートしてくれたらライターが喜びます。

pagetop