life住まい・暮らし

スタッフの手作り感溢れる「厚木市子ども科学館」

2017/02/27
レジャー施設
住まい・暮らし
公共施設

みなさん、科学館はお好きですか?
子どもの時に科学の授業で訪れた方も多いのではないでしょうか?
なんとなく子どもの学び場というイメージがあるかもしれませんが、大人やカップルで楽しめる科学館が厚木にあります
今回は、本厚木駅前にあります「神奈川工科大学厚木市子ども科学館」をご紹介していきます。

どんなところ?

神奈川工科大学厚木市子ども科学館は本厚木駅東口の目の前にある、厚木シティプラザの7階にあります。
2009年に神奈川工科大学がネーミングライツを取得したことにより現在の名称となりました。
館内は展示ホールとプラネタリウムで構成され、家族連れや市内の小学生達が訪れ賑わいを見せます。
駅前という好立地でアクセスが良好なのは嬉しいですね!!
0c2a0030

アットホームな展示ホール

入館してまず目に飛び込んでくるのが展示ホールです。
この展示ホール、なんと入館料が無料なのです!!
さらに驚くべきことに、科学にちなんだ展示物のほどんどがスタッフの方々の手作り品であるということです。
館内はアットホームな雰囲気に包まれています。
多くの展示物がありすべてはご紹介しきれませんが、人気のあるものをいくつかご紹介いたします!!

こちらは花畑の中を蝶が羽ばたく光景をイメージした展示物です。
花が描かれた丸いプレートを回しいくとあら不思議!?
蝶がヒラヒラと羽ばたきます。
いったいどんな仕組みなのでしょう〜?
0c2a0029

こちらは歯車を利用した動きある作品です。
おもちゃの修理を行う団体「厚木おもちゃ病院」の方々により制作されたものです。
ハンドルを回すと人形などが動き出します。
0c2a0021

こちらはパラボラアンテナ。
ここまで、大きなアンテナを近くで見る機会はあまりないですよね。
中心の輪に耳ををあててみると・・・なにが聞こえるかは試してのお楽しみです!!
0c2a0027

こちらは飲み物の紙パックを利用した紙版積み木です。
自宅でも作れそうですが、ここまでの数はなかなか作れないですよね。
子どもに非常に人気で夢中で積み上げるそうです。
“科学”とはないものかもしれませんがこういう手作り感溢れるものまであるのが同施設の特徴なんです。
0c2a0018

展示物は基本的にはどれも触れることができます。
ということで壊れることもしばしば。
その際は、スタッフ自ら直すのだそうです。
どれも年季が入ったものばかりですが、スタッフの愛に満ち溢れています!!

こちらは、宇宙飛行士の山崎直子さんのサインと共に展示されている月周回衛星「かぐや」の模型です。
とてもリアルでついつい見入ってしまいました!!
0c2a0020

番組豊富な本格プラネタリウム

展示ホールを抜けた奥にプラネタリウムがあります。
2009年に「コスモシアター」としてリニューアルされ、高性能投影機「 MEGASTAR(メガスター)」が導入された。
このメガスターはプラネタリウム業界の第一人者”大平貴之さん”が開発したもので、
圧倒的な星の美しさが特徴で、星のはずはなんと500万個!!
山間部に入ってもなかなか目にできない天体ショーが繰り広げられます。

0c2a0004

番組は大人が楽しめる本格的なものから、「かぐや」をテーマにしたものや、テレビアニメのキャラクターを用いた子ども向けの番組も取り揃えています。
最近では、アロマの香りを楽しみながらリラックスできる「大人のためのプラネタリウム
〜アロマプラネタリウム〜」、やさしい歌や物語を聞きながら楽しめる乳幼児向けの「0歳からのプラネタリウム きらきらタイム」 、クリスマスをテーマにしたものなど季節にちなんだ番組も上映され訪れるものを飽きさせません。
カップルでの利用もオススメですよ!!
そして観覧料はな、な、なんと大人200円!!4歳〜中学生は50円!!
すごいリーズナブルですよねぇ〜
s-img_6467

コスモシアターの入口にはメガスター導入前に利用されていた投影機「GX-AT」が展示されていました。
最近のものは外観がすっきりしていますが、以前のものは見た目が複雑ですね。
貫禄もあります。
0c2a0017

また、このコスモシアターは、演奏会や講演会などのイベントでの利用も可能です。
BUMP OF CHICKEN の人気曲「プラネタリウム」のPVのロケ地としても利用され、ファンも訪れるそうです。

イベントも盛りだくさん!!

同施設では、定期的にイベントが開催されています。
「大人のための科学教室」は厚木おもちゃ病院の方を講師として招き、電子工作でエレクトロニクスの基礎を学べるということで、人気がありすぐに定員が埋まってしまうようです。
厚木シティプラザの屋上で望遠鏡を利用して月や火星などを観望する天体観望会、子供向けの工作教室も実施され学校でもなかなか体験できないイベントが数多く実施されます!!

最後に

ここまで、神奈川工科大学厚木市子ども科学館の紹介をさせていただきましたがいかがでしたでしょうか?
名称に「子ども」と含まれているものの、幅広い年齢層の方に楽しんでいただける施設ということを知っていただけたはずです。
アットホームで手作り感溢れる空間、そして本格プラネタリウムを楽しめる、それが「神奈川工科大学厚木市子ども科学館」の魅力です!!

施設名:神奈川工科大学厚木市子ども科学館
住所:神奈川県厚木市中町1-1-3 厚木シティプラザ7階
営業時間:9:00~17:00
電話:046-221-4152
入場料:無料(プラネタリウムは大人200円、4歳〜中学生は50円
神奈川工科大学厚木市子ども科学館ホームページ
おおきくなぁ〜れ こどもの未来そだて隊 Facebookページ

タグ:

noma ライター

ゆうた

座間市在住で海老名に通勤しています。趣味はドライブ、夜景観賞です。厚木、海老名で見つけたおすすめスポットをどんどん配信していきます。

ゆうた

シェアやツィートしてくれたらライターが喜びます。

pagetop