gourmetグルメ

家系ラーメンのお店の新しい形? 家系ラーメンと四川料理 こんどう

2016/03/02
グルメ

こんにちは、アニキです。

家系ラーメンをこよなく愛する方ならご存知かもしれませんが、家系ラーメンの有名店「近藤家」のネクストブランドが海老名にあります。
それが、「家系ラーメンと四川料理 こんどうネクストブランドのテーマは、なんと「家系+中華料理」です。

ラーメン好きとしては、行ってみたいお店として知っていたのですが、今回ようやく訪問したのでご紹介したいと思います。

家系ラーメンとは

家系ラーメンの「近藤家」を知らない方のために少し説明を…。

近藤家」は、家系ラーメンの総本山の「吉村家」や2号店「本牧家」で修行されていた近藤健一氏が立ち上げたお店です。

近藤健一氏といえば、「本牧家」「六角家」を経て、「究極らーめん 横濱家」を立ち上げ、その後共同経営者と立ち上げた「介一家」を経て、1992年に念願であった自分のお店をオープンさせました。

現在、直系、独立系、オリジナル系など数多くの家系ラーメンのお店が存在しますが、「近藤家」は直系の流れをくむ、家系ラーメンの歴史を知り尽くしたお店といっても過言ではありません。

おっと… ちょっと長くなっちゃいましたね。

ではお店の紹介に戻ります。

今回訪問した「家系ラーメンと四川料理 こんどう」は、「近藤家」のネクストブランドということで、家系ラーメンと中華料理の両方を楽しめるお店です。

なんでも、近藤健一氏のご長男が中華料理のお店で修行されていたらしく、家系ラーメンのお店の新しい形として家系ラーメンと中華料理の両方を提供できるお店を出そうと考えていたのだとか。

そして、2年前の2014年3月に海老名の中新田にオープンしました。

家系ラーメン こんどう

場所は、海老名から寒川方面に向かう県道43号沿いの中新田小学校の隣。駐車場が敷地内と店舗裏手にあります。

家系ラーメン こんどう

注文は券売機で食券を購入します。中華料理も食券を買うんですね。

メニューは、家系ラーメンと四川料理、全く別物です。コラボ的なものがあったら面白そうなのに…。

ランチセットもあって、麻婆豆腐、五目あんかけ丼、カニ玉の甘酢かけから選べます。値段はすべて950円全てに冷しゃぶ、ライス、スープがつくみたいです。

四川料理のメニューは、担々麺、海老そば、五目そば、タンメン、チャーハン、鮭チャーハン、餃子、麻婆豆腐、陳麻婆豆腐、海老チリ、回鍋肉、カニ玉などなど…。普通に中華屋さんですね。

家系ラーメン こんどう

アルコールメニューも豊富でした。中華とアルコール… 普通に飲みに来れますね(笑)

それにしても、これだけメニューがあると何を注文しようかと悩みます。四川料理も好きなので中華メニューも気になりますが、ここは家系メニューをいただきましょう。

らーめんと味玉トッピングをチョイスし、オール普通でお願いしました。

家系ラーメン こんどう

店内は、カウンター7席、奥とカウンター後ろにテーブル席が7席、結構広めです。

家系ラーメン こんどう

ラーメンを待っている間に恒例の卓上調味料をチェック!

用意されていた調味料は、豆板醤、ニンニク、黒胡椒、酢、醤油。メニューに餃子があるのにラー油がないんですね。

 

これが本物の家系ラーメンだ!

そうこうしていると、お待ちかねのラーメンが登場!

家系ラーメン こんどう

海苔で麺と具を隠すように提供するのは「近藤家」のスタイルそのもの。では、さっそくいただきましょう。

海苔を器に立てかけて、まずはスープから。

家系ラーメン こんどう

うーーーーん、旨い!!!そうそう、これこれ。

家系の中でもライト系と称されるスープですが、家系ラーメンの総本山「吉村家」で食べたスープに近い味。これこそ本物の家系ラーメンの味です!

家系ラーメン こんどう

麺は中太の平打ち麺コシがあるというよりはモチモチ感が強い麺でこれまた旨い!以前、とあるメディアで近藤氏が「酒井製麺の麺は”やわらかめ”ぐらいが旨い」と言っていたのですが、その想いが伝わる麺ですね。

モチモチ感が好みではない方は、麺固めで注文するのもアリかもしれません。

家系ラーメン こんどう

具は、家系ラーメンお馴染みのホウレン草、チャーシュー、海苔3枚と薬味のネギ。私はトッピングに味玉をつけています。

ホウレン草は、食べた感じでは冷凍ではなさそうでしたね。チャーシューは大きめで、なかなかの味です。

家系ラーメン こんどう

残念だったのが、味玉は黄身が少し火が通りすぎていて半熟ではありませんでした。好みの問題なのでしかたないですね。

半分ほど食べた後でいつものように味チェンジ。今回はニンニクをポイします。

家系ラーメン こんどう

ニンニクを加えたことによって、ライト系のスープにパンチが加わり、これもまた旨し!

今回もきっちり汁完。いやー、久々に本物の家系ラーメンを食べれた。次回は四川料理も食べてみたいですね。

ごちそうさまでした。

家系ラーメンと四川料理 こんどう 公式ブログ
 

こんどう

関連ランキング:ラーメン | 厚木駅

タグ:

家系ラーメン こんどう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

厚木や海老名に関するnomaの
最新情報をお届けしています。

nomaのinstagram
  • Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

noma ライター

アニキ

大和市の情報サイト「やまとのーと」を運営する傍ら、「noma」にライターとして参加させてもらっています。らーめん大好き一児のパパです。

アニキ

シェアやツィートしてくれたらライターが喜びます。

Copyright 2016 - 海老名と厚木を彩る情報&WEB マガジン . All Rights Reserved.

pagetop

PC版はこちら PC版はこちら