infoお知らせ

【nomaCAMElife -03-】シンプルイズベスト!おしゃれな写真を撮ろう

2017/08/15
お知らせ
写真・カメラ

 
皆さま こんにちは◎
お盆休みいかがお過ごしですか?

nomaCAMElife連載3回目の今回は、
おしゃれな写真を撮ろうです。

おしゃれな写真てどんな写真?

そもそもおしゃれな写真って何?という疑問は置いておいて…(笑)。
写真系SNSの筆頭Instagramなどを見ていても、おしゃれな写真はたくさんありますよね。

人によって”おしゃれ”の定義は違いますが、
写真を間違いなく “おしゃれ” から遠ざけるもの がひとつあります!

それは… 生・活・感 !!

おうちでの撮影では特に、いろいろな物が写り込みがち。
生活感のあるものを排除して、すっきりとおしゃれな写真を撮りましょう◎

何もない床や壁を利用しよう

お部屋にシンプルな壁があれば、
スタジオのような写真を撮ることもできます。
あまり広さがないスペースでも、被写体に寄ってアップで撮れば余計なものが写らずに済みますよ。

床に置かれているものなども、徹底的に排除してみましょう。
とりあえず写真に映らない場所にポイっでも良し!え?良くない!?

また、小物やおもちゃにも少しこだわってみましょう。

子どものおもちゃはカラフルなものが多くて見た目にもごちゃごちゃしがち…
数を減らしたり、おもちゃの色味を合わせたり、写真を撮る時は「引き算」を意識してみるといいかもしれませんね。

芝生はナイスなフォトスポット

では、お外での撮影ではどんな場所がいいでしょう。

おうち撮影と同じくシンプルな壁などを探してみるのも良いですが、私が個人的に大好きなのが、芝生広場


公園などの広い芝生広場であれば、一面グリーンの中、人物が際立つ写真が撮れます◎
他の人が写り込まないようにすることで、”非日常感” も演出できて、どことなくアートっぽい印象にも。


芝生の他には、空の開けた場所もオススメ。
「自然×子ども」は、とっても相性がいい組み合わせです。
気持ちの良い風を感じながら、開放感のある写真を撮ってみましょう♩

背景をボカしてみる

主役を引き立たせることですっきりとした写真を撮るために、背景をボカすという方法があります。


↑2枚とも同じ構図で撮った写真ですが、ずいぶん印象が違いますね。

向かって右の写真のように、背景をボカすことで写真がすっきりしました。

これなら、
散乱しているおもちゃとか、
取り込んだままの洗濯物とか、
テーブルに置きっ放しのお皿とか、、、
見せたくないアレやコレやが少々写り込んでしまっても、誤魔化せます!

おしゃれな写真を撮るコツまとめ


手っ取り早くおしゃれな写真を撮るためには、
「おしゃれじゃないもの=余計なもの」を写さない!
のがポイント。

そのためのポイント4つを意識して、シンプルイズベスト!な1枚を撮ってみてくださいね。

次回のnomaCAMElifeは、
テーマを決めてシリーズ化!見返したくなる写真を撮ろう
をお届けします。どうぞお楽しみに◎

 

mayu** 連載一覧はコチラ▽▽

nomaCAMElife | noma
 

【nomaスタジオ】
場所:〒243-0434 神奈川県海老名市上郷972-10 1F ららぽーと海老名すぐそば
営業時間:10:00~18:00
厚木 海老名の写真撮影スタジオなら【nomaスタジオ】
Noma studio / Facebook
nomaスタジオ / Instagram

 

nomaで連載コラムを配信したい方募集中!

厚木または海老名に拠点がある店長・ショップオーナー様、専門家の皆様。
日頃の知識や情報をnomaの連載コラムを通してたくさんの方へ広めてみませんか?

  • 「農業についてもっと語りたい」
  • 「食についてもっと伝えたい」
  • 「ママの子育てのお悩みを解決したい」
  • 「マニアックな活動をもっと知ってほしい」
  • 「手軽にDIYを共有したい」
  • 「カメラについてもっと広めたい」
  • 「自宅でできるストレッチ方法」
  • 面白い めざすらしいスキルをもっている

などなど、

日々生活する中でちょっとした豆知識や情報を知りたい人がたくさんいます。
nomaの連載コラムについてご興味ある方はぜひお問い合わせください♪

 

タグ: , , , ,

noma ライター

mayu**

海老名市在住。 5歳と2歳、2人の男の子のママです。 カメラを持って子供たちとお出かけするのが大好き。

mayu**

シェアやツィートしてくれたらライターが喜びます。

pagetop