gourmetグルメ

「PATISSERIE FRANCAISE Tadashi YANAGI」〜もう一口食べたくなるケーキ〜

2017/12/06
グルメ
パン・スイーツ
人 ひと


今年11月15日に、19周年を迎えた「PATISSERIE FRANCAISE Tadashi YANAGI」
現在マルイファミリー海老名と東京にも店舗を構えていますが、オープン当初は現在アトリエになっている国分寺台から始まったんです。
洗練された美しいビジュアルと一度食べたらまた食べたくなる「Tadashi YANAGI」のケーキやお菓子の秘密に迫りました。

もう一口食べたいと思うデザート


Tadashi YANAGIのケーキをいただいた事があるのですが、上品でいい意味でどれも主張しすぎず「もう一口食べたい」という気持ちになります。
また、ケーキのビジュアルも美しくて眺めているだけでも宝石を見ているかのような感覚になります。


ケーキだけではなく、ジャムや焼き菓子なども充実しています。
ギフトにも人気なんだそうです。

店内奥で一つ一つ丁寧に作られていて、こちらのル・キイチは豆を煮るところから行われているんですよ。

Tadashi YANAGIのケーキ

ここで、少しTadashi YANAGIのケーキをご紹介したいと思います。

ジュピター【定番】


ビジュアルが美しいジュピター。
グランクリュショコラを使用したチョコレートクリームでチョコレート好きにはたまらないケーキです。

ショコラ・デュオ【定番】


オレンジのコンポートでさっぱりと。クルミの食感が楽しいショコラ・デュオは私一押しのケーキです。

和栗のモンブラン【季節】


和栗は今だけ!熊本産の和栗と純生クリームのモンブランは今の時期に食べておきたい一品です。

タルト・ラ・フランス【季節】


ラフランスを贅沢にのせた一品。パイの香ばしさとみずみずしいラフランスの相性が抜群。

タルトタタン【季節】


長野県ヤマサ農園りんごを丸々1つ使った贅沢なタルトタタン。
※季節限定のケーキは季節によって販売していない期間がございます。ご注意ください。

代表取締役シェフの柳 正司さん

今回、代表取締役シェフの柳 正司さんにお話を伺ってきました。

まなてぃー:海老名でお店を始めたキッカケはなんだったんですか?

 

柳さん:家内の実家が海老名だったんです。
最初はお客様が来てくれるか不安だったんですけど、オープン日から沢山の方に来ていただけて。
15時には商品がなくなってしまうほどでした。笑

 

まなてぃー:オープン日からそれはすごい…!
海老名でお店をやってきて海老名の良い所はありますか?

 

柳さん:現在も海老名に住んでいますが、とても住みやすい街だと思います。
車でどこへでも行きやすいし、横浜にも電車ですぐに行けますし。
駅前は栄えていて、田園風景も残っていて。

 

まなてぃー:Tadashi YANAGIのケーキはどこか繊細でいい意味で主張しすぎない「もっと食べたくなるケーキ」だと思うんですが…

 

柳さん:レストランでデザートを食べる時って、お腹が満たされた状態が多いですよね。
そのお腹が満たされている状態でも、もう一口食べたいと思うデザートやお菓子を心がけています。


まなてぃー:なるほど!だから、さっぱりしていて美味しいんですね。口の中に残らないと言いますか。

 

柳さん:日本人の味覚と消化能力はヨーロッパの人と違うので、日本人に合わせた材料だったり脂肪分や砂糖などを選んでいます。
最後に甘さが残ってしまうものではなく、シンプルな素材で後味もスッキリしていて美味しさを感じてもらいたいんです。

 

まなてぃー:すごい…!そこまで考えられているんですね!

 

柳さん:とにかくお客様に満足してもらうことが最優先で。素材選びが一番大事だと思っています。
専門店の良さも伝えて行きたいんです。
こんなに美味しいフランス菓子があるんですよって。
ジュピターも濃そうにみえると思いますが、ただ甘いだけじゃないんですよって。
食文化を伝えて行く事が私たちの使命と言うか…。

 

まなてぃー:専門店の良さって「ちょっと特別な日」に食べたいなって思う所だとも思います。

 

柳さん:そうなんです。誕生日の日には、うちのケーキを必ず買ってますとか。
お友達が気に入ってくれてギフトはいつもここで買ってますとか。
そういうお声をいただくと嬉しいですね。
季節によってもコツコツ新しいことをやっているので、ぜひ一度食べていただきたいです。

 

最後に

クレッセントで専務取締役総料理長経て「Tadashi YANAGI」をオープンされた柳さん。

レストランですべてを統括されていたかこそのTadashi YANAGIのケーキやお菓子だなと今回お話を伺って感じました。
一度食べると、上品でやさしい甘さのケーキの虜になるはずです。
ちょっと特別な日に。
大切なお友達に会う時のギフトに。
ぜひ、Tadashi YANAGIのケーキを一度召し上がってみてください。

「PATISSERIE FRANCAISE Tadashi YANAGI」
住所:神奈川県海老名市中央1-6-1
電話:046-232-0101
定休日:マルイの営業日に準ずる
アクセス:海老名駅東口徒歩3分
PATISSERIE FRANCAISE Tadashi YANAGI HP

noma ライター

まなてぃー

相鉄沿線在住 相鉄線でゆらゆら通勤しています。 好奇心旺盛なぽっちゃり女子です。笑

まなてぃー

シェアやツィートしてくれたらライターが喜びます。

pagetop