eventイベント

弥生神社の夏の大祓と清水寺公園

2015/07/21
イベント
伝統行事

こんにちは温希です。

海老名市の国分北にある弥生神社
明治42年3月国分に鎮座の八幡社、上今泉の比良神社、柏ケ谷の第六天社、望地の大綱神社を合祀して4地域の氏神様として創建されたそうです。

誉田別命 ほむたわけのみこと
猿田彦命 さるたひこのみこと
高産霊命 たかみむすびのみこと
日本武男命 やまとたけるのみこと
の4神を御祭りしている神社です。
 
 
yayoi-1

神社では大祓茅年末の12月31日の大晦日の「年越の大祓」と
半年後の6月30日の「夏越の大祓」が行われるのだそうです。

なかでも、夏越の大祓」は茅で作られた輪をくぐって、
正月から半年の生活の中で心身についた罪や穢れ、災い、過ち、病気を除いて、残りの半年を清浄な心身で過ごせるように祈念する儀式。

もともとは宮中行事だったそう。

弥生神社へ到着したのは儀式が始まってからの時間でしたが、途中参加してきました。

まずは受付。
お賽銭をして、紙の包みを受け取ります。
 
yayoi-2

人形(形代)に穢れ(けがれ)をうつします。
紙の包みの中には人形の形代と小さいな紙片が入っていました。
それを体に付けて自分の罪、穢れを移します。
 
名称未設定-1
 
神職の方が受け取り儀式が始まります
穢れを移された人形を神職の方が受け取り、大祓詞(おおはらえことば)を奏上します。
神妙にみなさん聞き入っていました。
yayoi-4
 

茅の輪くぐりをしました

もうすでに茅の輪をくぐってしまっていたようだったので、
儀式終了後まだの方がくぐり終了しました。
この時のくぐり方はまっすぐ輪の中に入るのではなく8の字にくぐって行きます。
yayoi-6
 

お参りついでに海老名市内を一望

yayoi-8
折角ここまで来ましたので
更に上の階段を上ってお参りさせてもらいました。

yayoi-9 (1)
海老名市内ではかなり高台にあるため、とても景色が良いです。
真正面はリコーのビルですね。

 
yayoi-11
更に上へ続く階段を登った先には赤い門が立派な龍峰寺が。

ザリガニが沢山いる!
少し歩くと池があり、
子供たちがザリガニ釣りを楽しんでいました。
yayoi-12
 

清水公園に着きました

またさらに歩くと・・・大きな滑り台が!
ここは清水公園という斜面を利用した公園になっています。
yayoi-13
 

海老名市内で一番長いローラー滑り台

yayoi-15
長さ75m!なかなかゴールが見えません!
急な斜面をうまく利用した形になっています。

丸太で作られた遊具、タイヤの跳び箱やターザンロープもありますよ。
蚊が沢山いたので虫除けの対策は万全にして行ってみてくださいね。
 

春には桜の名所

弥生神社の参道も、こちらの清水公園も桜の名所として親しまれている場所なので
春先はお花見もかねて行ってみるのもお勧めですよ。

弥生神社
神奈川県海老名市国分北2丁目13-13
Webサイト

清水寺公園
住所:海老名市国分北3-9

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

厚木や海老名に関するnomaの
最新情報をお届けしています。

nomaのinstagram
  • Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

noma ライター

温希(まさき)

温希(まさき)

シェアやツィートしてくれたらライターが喜びます。

Copyright 2016 - 海老名と厚木を彩る情報&WEB マガジン . All Rights Reserved.

pagetop

PC版はこちら PC版はこちら