people人 ひと

海老名市 presents【ママ座談会】in子育て支援センター

2018/08/30
人 ひと

「子育てについて誰かに相談できたら」いいなぁと思いませんか?
「親子が集まる場所」「子育ての情報交換ができる場所」があったら足を運んでみたいなぁって思いませんか?

海老名の中新田にある「子育て支援センター」は、そんなママの思いに答えてくれる場所です。
年齢別のサロンや、赤ちゃん体操講座など親子同士の交流を深めることができます。

今回「親子リトミック」に参加されていた皆さんにご協力いただき座談会を実施しました!
2才〜1才11ヶ月のお子様のママにお話をお伺いしました。

ママは情報を何で得てるのか?子育て中のママが海老名市内でよく行くところは?海老名市に期待する事などを話していただきました!

Q.情報はどうやって手に入れていますか?SNSは活用してますか?


ママA:HPもSNSも殆ど見ないですね。
子どもが一緒にいると子どもがいじってしまうので、スマホやパソコンはあまり開けないしゆっくり見ることができないんです。
その点、ポストに入ってる広報誌とかの方が見ますよ!
紙なので、子どもと一緒でも安心して見ることができますね。

ママB:あとは、やっぱり幼稚園や職場から持ち帰ってきたママ友の口コミ情報が多いですね。

ママC:たまに駅にある掲示板は駅利用時に見ますが、車移動が多いんですよね…。

Q.海老名でよく行くところはどこですか?


ママD:子どもに身体を動かして遊んで欲しいけど、公園は暑すぎるし…!
ママ友と子どもと一緒にご飯を食べながら情報交換したりもしたいので、ビナウォークも、ららぽーと海老名もよく行きますが、どこもランチが高いんですよね。

ママB:ショッパーズプラザ海老名にもたまに行きます。有料ですがファンタジーキッズリゾート海老名があって室内で遊べるので。

ママE:お弁当作るのも手間だし、暑くて外じゃ食べたくない。
おにぎりやパンなど軽食でもいいので、安くご飯が食べられて冷暖房完備の施設があるといいですね。

Q.海老名に足りないところはありますか?


ママA:児童館が少ないと思います。
コミセンの中に小規模の児童コーナーがあったりしますが、児童館として独立した大規模なものが欲しいですね。

ママB:海老名市中央図書館は広くていいんですけど、子どもが騒いだりすると気を使ってしまいますね…。

ママE:大和市のシリウスには、屋内こども広場があるですけど、とても便利でよく利用しますよ。

ママD:子連れで安く食事するところがあったらいいなぁと思います。
ファーストフードやファミレスは、やっぱりまだあんまり行きたくないですね。

Q 海老名市に期待することは?


ママC:子どもが一緒だと冷暖房は必須なんですよ。
夏の暑い日は庭でビニールプールなんかもやるし、子育て期間中は水道光熱費を補助して欲しいなって思います。

ママE:他県の支援センターでは、味噌汁が無料でもらえるところがあるんです。
おにぎりやパンだけ持って行けば食事が済むので、こういったサービスはありがたいですね。

ママD:あと、出生時にもらえるオムツが少ない…。1年分もらえる自治体もあるんですよね。
オムツは…もっと欲しいですね。

親子リトミック

今回特別に「親子リトミック」の様子を取材させていただきました。



身体を動かしてのびのびと親子で遊べ、親子の距離も縮まり他のお友達との交流もできます。

この日は、かわむら先生によるリトミック講座で「音と歌と体験」を中心に子どももママも笑顔いっぱいで楽しく体験しているのが印象的でした。


今回、海老名市にご協力いただき「ママ座談会」が実現できました。
海老名市に「あったらいいな」のリアルな声が聞けてとても充実した座談会でした。
お忙しい中、ご参加いただきありがとうございます!

『子育て支援センター』
アクセス:海老名市中新田377番地
TEL:046-233-6161
子育て支援センター

タグ:

noma ライター

noma編集部

noma編集部

シェアやツィートしてくれたらライターが喜びます。

pagetop