life住まい・暮らし

昼間だけではもったいない!「鳶尾山から鑑賞する朝の絶景」

2016/06/10
アウトドア・スポーツ
住まい・暮らし

こんにちは、ゆうたです。
以前、ハイキングコースとして鳶尾山を紹介させていただきましたが、記事を参考に行かれた方はいますか?
前回は、鳶尾山の昼間の様子を紹介させていただきましたが、実はここは絶好の日の出鑑賞スポットなのです。
今回は日の出鑑賞スポットとして鳶尾山を紹介させていただきます!

昼間だけでなく朝もオススメ

tobioyama-sunrise01
鳶尾山の眺望の良さは前回の記事でも写真と共に紹介させていただきました。
鳶尾山の展望台からは遮るものが少ない為、神奈川県央地区を中心に、横浜や東京方面、空気が澄んでいれば千葉の内房まで視野が広がります。
この景色を目の前にしたときに、「夜や朝方の景色はどんな光景なのだろう?」
と想像された方もいたかもしれません。
ここは特に東側の眺望が優れているため、実は朝方が特にオススメなのです!

日の出前の特別な時間

tobioyama-sunrise02
一日のうちの「夜」とはどの間のことかご存じですか?
辞書によると、「夜」とは日の入りから日の出までの時間帯と紹介されています。
この日の出時刻の40分頃から、青から赤にかけてのグラデーションカラーが東の空を染めます。
これをマジックアワーと呼びます。
日の出40分前でも意外と街明かりがあり、この街明かりとグラデーションカラーに染まる空のコラボが素晴らしいのです!
鳶尾山の展望台は東向きの眺望のため、このマジックアワーの絶好の鑑賞スポットなのです!

一日の始まり

tobioyama-sunrise03
マジックアワーの次の訪れるのが日の出です。
日の出を迎えた瞬間、関東平野一面が一気に明るくなります。
日の出は空気の澄んだ冬が綺麗に見えると思われている方もいるかも知れませんが、太陽の明かりというのは非常に強い光のため、空気が澄みすぎてしまうと眩しすぎるのです。
若干、空気が霞んでいた方が太陽の輪郭をはっきりと確認することができます
私は、日の出を鑑賞すると清々しく良い気持ちで一日をスタートできます。
みなさまも早起きして、日の出を鑑賞してみてはいかがでしょうか?

鳶尾山ハイキングコース | 厚木市
厚木一の絶景!?鳶尾山をハイキング | [NOMA] 海老名と厚木の間

タグ: ,

noma ライター

ゆうた

座間市在住で海老名に通勤しています。趣味はドライブ、夜景観賞です。厚木、海老名で見つけたおすすめスポットをどんどん配信していきます。

ゆうた

シェアやツィートしてくれたらライターが喜びます。

pagetop