life住まい・暮らし

木曜日の女神さま~kazuyoga~

2018/08/16
住まい・暮らし
美容・健康


こんにちは、本好きのsatoです。
今回も物語のように楽しく紹介していきたいと思います。
みなさん、“女神様”ってどんなイメージでしょうか。
優しくて、おおらかで、あたたかくて…。
今回は、まるで女神様のような先生が教えてくれるヨガ教室のお話です。

目を瞑り、自分の心と体にじっくり耳を傾けてみてください。
きっと何か新しい発見があるはずです…。

夏の到来

6月に梅雨が明けたのは観測史上初めてで、さっそく毎日うだるような暑さが続いている。
最近ちょっぴり体が重たく感じるのは急激な暑さのせいだろうか。
「まだまだ“夏”なのに…早く秋にならないかな…」
汗を拭いながら8月に入ったばかりだと気付き、ため息もまじる。
スーパーからのたった5分の距離ですら麦わら帽子とアームカバーは必需品だ。
日差しがジリジリと照りつける。
「このままだと出無精街道まっしぐらだわ…体が軽くなる方法ないかしら…」
まるで影踏みのようになるべく日陰を探して歩く。

「あっ!そうだ、久しぶりに…!」
思い立った私は、玄関を開けるや否やスマートフォンを取り出した。

インナージャーニーヨガ


相鉄線さがみ野駅南口から徒歩1分の“Cafe サントロペ”。
毎週木曜日にこちらでインナージャーニーヨガを教えてくれるのは、長谷川和恵先生とアシスタントで妹の清水茂美さん。

「おはよう~!」「どうぞ~!」とあたたかく迎えてくれる。
お二人ともちょっぴり日焼けした肌に笑顔がとってもお似合いだ。
インナージャーニーヨガとは、深い呼吸と共に自分の内側に意識を向け、日々の生活習慣やストレスで固まった身体を緩め、緩んだところに強さを作っていくヨガ。
この日のレッスンは、呼吸や太陽礼拝(決められた順番でポーズを行う一連の流れ)で体を整え、プランクポーズを深めた後、肩甲骨と骨盤を意識したレッスンだ。
プランクポーズとは“板のポーズ”とも呼ばれ、頭からかかとまで一枚の板のようにまっすぐ平らにするもので、ちょうど腕立て伏せのようなポーズだ。
肩の真下に手首が来るように両手をつき、両足を揃えて伸ばす。

「かかとを押し出すようにして…深ーい呼吸…」と先生の声。かかとをグッと後ろへ押し出す。
そうすると体の中に軸を感じる。

「ヨガは“体幹の力”で動いていくんです!プランクポーズは体幹を意識するのにとてもいいポーズです!」下腹に力を込めながら呼吸にも集中して体をまっすぐにする。

そのうちあちこちから「ふぃ~!」「ひぁ~!」と悲鳴のような声が聞こえてきて、笑い声と共に教室内が和やかになる。
いっけんシンプルに見えるポーズだがやってみるととても難しい。

「じゃあ、一度チャイルドポーズ…(笑)」と休息のポーズに。
次に壁などを使って肩甲骨と骨盤に意識を集中させて動かしていく。

普段なにげなく生活しているが、こうして体の一部分だけにじっくり向き合うと、長年の癖や歪みなどをまさに身をもって知ることができる。
初めはぎこちない動きだった私の体も、時々ストレッチを交えながら少しずつ可動範囲を広げていくと、だんだんスムーズに動くようになってきた。
カイロプラクターの勉強もされている和恵先生。
ちょっと違った動かし方をしていると、「ここを、こうして…そう!そう!」と生徒さん一人一人に合わせて細かくサポートしてくれ、本来の正しい動きを教えてくれる。

ヨガってこんなに素晴らしい!!

「ヨガをする上で大事なことは、自分自身が気持ちよくなること。
よく“私、体が固いんです…”とおっしゃる方がいますが、体の柔軟性は関係ないです!
無理な動きをして体を痛めてしまったり、ヨガが苦しいと感じてしまっては意味がありません。
難しいポーズができるようになることが目標ではなく、子どもの頃のような本来の強さと柔らかさのバランスが取れた体に近づけて、ちょっとでも快適に過ごせるようになることが大事なんです。」と和恵先生。

さらに先生は続ける。
「みんな毎日色々なことを考えたり忙しいと思います。
まわりからどう思われているか人目を気にしたり、相手の反応をうかがったり、日本人は特にそういう人が多いと思います。
でも、ヨガを続けているとまわりが気にならなくなるんです。
人は人、自分は自分。
せめてマットの上では“自己中”になってほしいです。
生活の中でのゴチャゴチャ多すぎるモノをいったんヨガでリセットして、そこへ足りないモノを吸収して、また一週間新たな気持ちで頑張ろうと思える。
ここがそういう場であってほしいです!」
毎日の生活を思い浮かべながら先生の声に耳を傾ける。

「ヨガはサンスクリット語で“つながる”という意味があります。
ヨガをすることで歩くのが軽くなったり、笑顔になったり、お仕事がはかどったり、生活の全てがヨガとつながっていると思うんです。
ヨガはそういう素晴らしいものです!」
レッスンの最後、柔らかな表情で包み込むように色々なお話を聞かせてくれる。
生徒さん一人一人をゆったりと見つめながら語りかける和恵先生は、本当に女神様のようだ。
様々な言葉が心に響く。
「合掌…ナマステ…」
夢見心地の中レッスンが終了した。

至福のひととき!?

「みなさん、どうぞー!」
レッスン終了後には、アシスタントの茂美さんがハーブティーを入れてくれる。

いい香りに誘われるまま一口いただくと、すっきりした体全体にスーッと染み渡っていくようだ。
みなさんの口から思わず「はぁ~」と声がもれる。

「また来週!」そう言って帰って行くみなさんの顔が明るい。
今日がよい一日でありますように…
そして一週間気持ちよく過ごせますように…

ヨガ=つながる


外は相変わらず暑い。湿気を含んだ空気がまとわりつくようだ。
でも今日の私はそんな空気すらものともしない。ズンズン、ぐんぐん歩く。
「軽い!!」
足がひとりでに動く。
心の中にはスーッと新鮮な空気が流れて、自分が一つ空に近づいたような清々しい気分だ。

“ヨガ=つながる”

「なかなか自分と向き合う時間てないもの…」
ヨガを通して先生や色々な人とつながれたことに、感謝の気持ちが溢れてくる。
“つながる”は人と人とのつながりも意味するのかもしれない。
「ナマステ!」
思わず叫んだ。
すれ違う人が私を振り返る。
でも、もう気になんかしない。
私は私なのだから。
「ナマステ!」
もう一度空に向かって叫んだ。
太陽がまぶしい。

『kazuyoga』
アクセス:海老名市東柏ヶ谷2-25-20マルキビルマルキビルパート∥103Cafeサントロペ内
TEL:090-6519-0242
お問い合わせ:namasute.kazu@softbank.ne.jp
kazuyoga facebook
※予約制
スケジュール:毎週木曜日 10:00~11:30/17:30~19:00/19:30~21:00
料金:1回券 ¥2000
5回券 ¥8000
月会員 ¥5000
レンタルマット ¥200
初回体験 ¥1000

タグ:

noma ライター

sato

sato

シェアやツィートしてくれたらライターが喜びます。

pagetop