infoお知らせ

五感を使って楽しむフォトジェニックスポット「あつぎ郷土博物館」

2019/08/15
お知らせ
人気スポット・開発
住まい・暮らし
歴史

こんにちは。元鉄道員のおそのです。
突然ですがこちらの写真をご覧ください!

解放感のあるおしゃれな空間♡

ここは「あつぎ郷土博物館」
以前訪れたときフォトジェニックスポットとしても魅力的だなと感じた場所。
郷土博物館と聞くと「文化や歴史に興味がある人しか楽しめないのでは」と思いがちですが…ご安心ください!
あつぎ郷土博物館は、いつでも誰でも無料で楽しめるワクワクが溢れだす空間です。
一味違った写真を撮りたい方や夏休み自由研究のテーマ決めにお困りの方にもオススメ!
ぜひ最後までご覧ください♡

目次

気軽に触れる!自然と文化と歴史「あつぎ郷土博物館」

2019年1月27日に厚木市下川入にオープンした「あつぎ郷土博物館」

緑に囲まれた清々しい場所にあります。


あつぎ郷土博物館には、基本展示室・化石展示室・企画展示室・体験学習室などがあります。

自然と調和する厚木の暮らし

「なぜ駅の近くにあった郷土資料館を駅からバスで30分の場所に移転させたんだろう。」
実はここを訪れるまでそう思っていました…。もうこれは体感していただくのが一番!
ここでしか感じられない心地の良さ。自然と調和する厚木の暮らしがもっともっと好きになる場所ですよ。

「もっと知りたい」が見つかる展示室

太古の厚木は海だった

スイスイ…。私は今泳いでいます。笑

ここはどこでしょう。


メインである基本展示室に入ると突然海の中へ。山で発見された貝の化石やサメの歯の化石から太古の厚木は海だったことがわかります。

「イギリス大英博物館」に展示された土器

豊かな自然に囲まれた厚木は旧石器時代から人々が暮らしていました。当時の暮らしがわかる道具や土器が展示されています。

「イギリス大英博物館」にも展示された林王子遺跡の「有孔鍔付土器(ゆうこうつばつきどき)」は必見です♫

実際に使われていた石を使用!江戸時代の水路を再現

中世の頃から運河で栄えた厚木。朝早く江戸を出た旅人が丁度夕方に着く距離にある厚木は商人が行き交ったり旅人が訪れる宿場町として繁栄しました。
上記写真は江戸末期の厚木宿の様子。現在東町スポーツセンターがある辺りです。
江戸時代は水路があったことがわかりますね!

実際に使われていた石を使い実寸代で水路を再現しているそうですよ。当時の町中を体感できます♫

見て触れて感じる「ハンズオン展示」

ハンズオン展示では、二宮金次郎像が背負っている「ヤセウマ」・縄文時代の石器・中世の石・ニホンジカのツノに触れられます。

体感することで「もっと知りたくなる」

超レアな企画展開催中!「夏乃暗闇教室 暗闇ノ森ニウゴメク物」

あつぎ郷土博物館で働くプロフェッショナルな方々が企画した展示「夏乃暗闇教室 暗闇ノ森ニウゴメク物」。
センサーカメラが捉えた暗闇の中ウゴメク物たちを紹介するとともに暗闇でご家族が実践できる観察方法を提供しています。暗闇をずっと見ていると慣れてくる精巧な人間の目も感じてくださいね。
この企画が始まってから「ある現象」が話題に!気になる方はあつぎ郷土博物館のスタッフさんに声をかけてみてください。ある現象に気づいた時 ゾワゾワっとしてますます涼しくなりますよ。笑

企画展示は写真撮影禁止なので厚木市広報課Instagramをご覧ください♫

厚木市立中央図書館とコラボ「アンニュイなこもれび図書室」

あつぎ郷土博物館のエントランスホールでは「暗闇教室」の開催に合わせて「アンニュイなこもれび図書室」を臨時オープン!

エントランスホールに並ぶ椅子と机は「厚木市立北小学校」からお借りしたもの。
あつぎ郷土博物館が建つ地にあった「菁莪小学校」が閉校したとき在学生は「依知北小学校 (今の北小学校)」と「三田小学校」に分かれました。そのご縁が今回の借用にもつながったそうですよ。素敵ですよね!

あつぎ郷土博物館「アンニュイなこもれび図書室」は館内のみの閲覧です。

貸し出しをご希望の方は厚木市立中央図書館2階「こもれび図書室 特設コーナー」へGO♫

我が家も厚木市立中央図書館で本を借りてきました!
あつぎ郷土博物館で閲覧し気になった本が図書館にあるか事前に確認したい方は「マイタウンクラブ」で検索してみてくださいね♫

まだまだある!ワクワクが溢れだす場所

フィルムカメラで一味違った写真を撮る

 

富士フイルムの「写ルンです」を使えばお子さまでも簡単に写真が撮れますよ♫

実際に息子が「写ルンです」を使い撮った写真。味がありますね!

あつぎ郷土博物館限定オリジナルグッズを買う

オリジナルグッズは100円からとリーズナブル!

有孔鍔付土器を持ったあゆコロちゃんがデザインされたショップ袋。かわいい♡

あつぎ郷土博物館限定あゆコロちゃんパネルで記念写真を撮る

日付入りで思い出の記録が残せます。

テラスでまどろむ

厚木市観光協会が公開している動画で屋外テラスが紹介されています。緑と空を眺めながらゆったり過ごせて最高ですよ♡

草原で虫を探す

仲間と一緒にピクニック

お隣にある下川入菁莪公園で遊ぶ

厚木の「nice」を発信しよう!


最後までご覧いただきありがとうございます。読んでいるだけでもワクワクしていただけたのではないでしょうか。博物館を見学すると日常で感じている「厚木の疑問」の答えが見つかるかも!?
「博物館=勉強」という堅いイメージを持たずに「1人でゆっくり過ごすのに良さそう」「涼みに行こう」「夏休みの思い出を作ろう」など気軽にご利用いただけましたら幸いです♡
写真映えするスポットがたくさんあるので撮ったお写真に♯niceatsugi」のハッシュタグを付けてSNSにUPしてみてくださいね。五感を使って体感した厚木の「nice」を発信してみんなで厚木を盛り上げましょう♡
詳しくは厚木市広報課Instagramをご覧ください。

設備とアクセス

オムツ交換台・授乳室・飲食スペース完備

オムツ交換台・授乳室・飲食スペース完備。あつぎ郷土博物館には売店がありません。自動販売機が設置されていますが飲料が売り切れてしまうこともあります。ご来館前にお弁当や飲料を用意すると安心してゆっくり過ごせますよ。

バスもオススメ!あつぎ郷土博物館までのアクセス

本厚木駅前から神奈中バスで30分

小田急本厚木駅北口1番のりばから「あつぎ郷土博物館」行きに乗車。終点「あつぎ郷土博物館」下車すぐ。 所要時間は約30分です。
運転本数が少ないため時刻表をご確認の上ご利用ください。
【時刻表】厚07系統 神奈川工科大学前経由 あつぎ郷土博物館行

景色を見ているとあっという間に着きます。小旅行気分を味わえます♫

あつぎ郷土博物館入口にある事務室のカウンターに「あつぎ郷土博物館→本厚木駅・バスセンター」の時刻表が置いてあります。お帰りの時間をチェックしてから館内を楽しめば時間を有効に使えますよ♫

駐車場31台・駐輪場完備

駐車場・駐輪場完備。駐車場は無料で31台分あります。

あつぎ郷土博物館
場所:〒243-0206
神奈川県厚木市下川入1366-4
Googleマップ
駐車場:31台 (無料)
TEL:046-225-2515
Mail:8650-3@city.atsugi.kanagawa.jp
開館時間:9:00〜17:00 (入館は16:30まで)
入館:無料
※特別展示は有料の場合があります
休館日:毎月最終月曜日(ただし祝日のときは翌日)
年末年始 (12月29日〜1月3日)
アクセス:[神奈中バス]
小田急本厚木駅北口1番のりば「あつぎ郷土博物館」行き
終点「あつぎ郷土博物館」下車すぐ (所要時間約30分)
[お車]
国道412号線の及川中原交差点から3.5㎞ / 東名高速道路厚木インターから約40分
あつぎ郷土博物館|厚木市
夏期企画展示「夏乃暗闇教室 暗闇ノ森ニウゴメク物」|厚木市
あつぎ郷土博物館|厚木市観光協会
下川入菁莪公園 (しもかわいりせいがこうえん)|厚木市
神奈中バスちびっ子キャンペーン(小学生以下運賃 50円)|神奈中バス

タグ:

noma ライター

おその

おその

シェアやツィートしてくれたらライターが喜びます。

pagetop